妊娠中の体重増加とむくみ|ぎっくり腰などのアクシデント

女の人

病院で処方をしてもらう

錠剤

妊娠を防いだり、月経をコントロールできるので、多くの人がピルを利用しています。大阪では、専門の医師に処方してもらうことができます。決められた量を、決まった曜日にきちんと飲む必要があり、医師の指導に従うことで、効果を得られます。

View Detail

体重コントロール

妊婦

新しい家族を迎える事で楽しみも増えますが、同時に不安や精神状態が変わりやすいこともあり知らず知らずのうちにストレスを溜めてしまうことがあります。妊娠中はあまり激しい運動ができないこともあり、筋力が低下しやすい状況になります。毎日、10分でもいいので歩く習慣をつけると、ストレスを軽減させ、衰えがちな筋力を上げていけます。適度な運動が気分転換に繋がり、リフレッシュして気持ちを落ち着ける効果があります。お産には体力が必要で、陣痛を乗り切り出産に至るために使う力は2000kcalとも言われています。妊娠中から毎日歩いて体力をつけておくことでお産も楽になります。また妊娠中毒症を防ぐためにも大切です。部屋の掃除では動作をわざと大きくして、上半身と下半身のバランスをとりながら鍛えるとぎっくり腰などのアクシデントを防げます。

妊娠中に必ず言われることは体重制限ですと塩分摂取量についてです。妊娠をすると女性は体を守るために脂肪が付きやすくなります。一週間で2kg増えると要注意となり、安定期に入ると途端に体重が増えやすくなります。妊娠後期になると更に動きが緩慢になりやすくなるため体重増加に拍車がかかります。一般的に妊娠時の体重増加は10キロプラス位が望ましいといわれています。また、妊娠時の塩分摂取量は7.5g/dayと言われています。塩分や糖分を取りすぎたりすると妊娠中毒症を引き起こしやすくなります。場合によっては妊娠継続に問題が出始めるため摂取量はきちんと管理しましょう。便秘になると体重が一気に増えるため3日に一度排便がない場合には病院に相談し薬などで対処するとよいでしょう。また婦人科では、妊婦さんの体質や状態に合わせて、母子ともに健康になるように生活習慣についてアドバイスをしてくれるところがほとんどです。中には毎日の運動量や食事のバランスについて、一緒に細かくスケジュールを立ててくれるところもあります。まずは一度婦人科へ相談してみると良いでしょう。

妊娠期の体調を考えます

サプリメント

妊婦は体内に対峙を抱えているため、日常よりも栄養補給を意識知ることが重要です。胎児の成長に不可欠な葉酸は緑黄色野菜に多く含まれている成分で、原料次第で価格の異なる葉酸サプリは食欲不振時の効率の良い栄養摂取に役立ちます。

View Detail

妊娠中に必要な栄養素

妊婦

妊婦のカルシウム不足は、赤ちゃんにもお母さんにも影響を及ぼすため病院などで骨密度を測ってもらったり、サプリメントを処方してもらうとよいです。また、食事ではなかなか摂取するのは難しいため、カルシウムだけでなく他の栄養素のサプリメントの処方もしてもらうことができるのを知っておきましょう。

View Detail